2019/08/05削除

晴れ気分

オートキャンプ場

オートキャンプをする時にせっかくだから、遠くまで行って温泉やホテルの代わりにキャンプを使用と計画を立てようと考えてしまいがちです。それはそれで素晴らしいのですが、せっかくオートキャンプ場に行くのですから、キャンプ場を楽しみましょう!
キャンプ場で楽しむことはたくさんありますから、せっかくのキャンプにそれをしないのはもったいないです。旅をしていてキャンプ場を点々として、本当に寝るだけというならソレでもいいですが、レジャーとしてキャンプをするなら、それではもったいないです。

オートキャンプ場を選ぶ際に気をつけたいのは、家から近いことがあげられると思います。キャンプは体力勝負になってきますので、少しでも体力をキャンプに注いだほうが充実したキャンプをすることができるのではないでしょうか?時間を使うなら、移動時間よりもキャンプ場で時間を使ったほうが有意義です。テントを建てたり、バーベキューの準備をしたりして、普段できないコミュニケーションをキャンプ場で様々なイベンをと通じながら取ることができます。



 

キャンプ 場 ランキング

いいキャンプ場の条件って何でしょうか?設備が充実していて、キレイ、スタップの方の対応も良くて、ロケーションもバッチリ!と言うよう様々なことが重なって評価が良くなって行くと思います。キャンプ場のランキングといっても、評価した人が良くても自分がよく感じるという保障はありません。しかし参考にするなら、自分より先にキャンプ場に行ったことのある人の意見を聞くのがいいキャンプ場を見つける近道になってきます。

じゃらんで見たキャンプ場の全国ランキングは、一位が「山のいで湯、天の川温泉」奈良県にあり、日帰り温泉に入ることができる温泉です。すべすべした美肌の湯。移動とキャンプで疲れた体を温泉で癒すことができます。二位は、兵庫県の「兵庫県立大学西はりま天文台」。ここのウリは何と言っても、公開用としては世界最大の天文台があること。天体観測をするなら最高ですね。天文台を期待していくなら、天候と天文台を使うことができるかどうか現地に確認しておくと間違いないですね。第三位は、「エコキャンプみちのく」。場所は宮城県になります。設備が整っていて、東北で1番キレイではないかと思われるキャンプ場。人気が高いので、シーズン初めに予約しておかないと、予約をするのが難しいキャンプ場です。また、毎年ロックコンサートをやることでも有名。日帰りバーベキューもすることができる気軽な一面も兼ね備えているキャンプ場になります。

 

 

キャンプ場東北

上で「エコキャンプみちのく」を紹介させてもらいましたが、まだまだ素敵なキャンプ場はたくさんあります。十和田市営宇樽部キャンプ場、三沢オートキャンプ場、十和田八幡平国立公園酸ヶ湯キャンプ場、秋田市太平山リゾート公園、なまはげオートキャンプ場ンソ素敵なキャンプ場がたくさんあります。

 

岐阜県 キャンプ場

意外かもしれませんが、岐阜県は全国からキャンパーが集まってきます。県北部のキャンプ上では、飛騨山脈がそびえ立ち豊かな自然の中でキャンプをすることができます。岐阜県のキャンプ場は結構な穴場ではないかと思っています。

 

千葉 キャンプ 場

千葉のキャンプ場の魅力は、都心から近いことがあげられます。アクアラインを使うと本当にすぐつきます。海もあるし、山もあります。本格登山をするほどの山はありませんが、ハイキングを子供と、またカップルでするならいいところはたくさんあります。コンディションが良いと、富士山を見ることができるのもまた魅力の一つです。

 

キャンプ 場 静岡

千葉県からも富士山が見えますが、富士山といえば静岡です。(山梨もそうですね。)富士さんの雄大な景色をみてキャンプができるなんて最高です。また、静岡は気候が温暖なことでも知られていますので、キャンプをするには好都合な要素が揃っています。キャンプ歴が浅くても優しく待っていてくれる場所だとおもいます。

 

栃木 キャンプ 場

栃木といえば日光が有名、あとU字工事も有名ですね。栃木県は東京からもアクセスもいいし、キャンプに行くにはとても良いところです。日光は東照宮以外にも温泉や登山など楽しみもるものがたくさんあります。白根山・男体山などの山があるので、その山を登るためのベースキャンプにしてもいいです。

 

宮崎 キャンプ 場

宮崎といえば九州なので夏は暑いというイメージがあると思いますが、キャンプ場のある山間部ならそんなに熱くもなく快適に過ごすことができます。普段の生活では暑くてもキャンプ場に避暑に行きたくなりますね。テントを張るのが面倒と言うなら、バンガローを借りると楽です。テントを張らなくてもよくなります。テントを張らないなら気軽にキャンプに行くことができますね。

 

大阪 キャンプ 場

大阪自体海に面していますが、キャンプ場は以外にも内陸の方にあります。大都会大阪の喧騒を離れてのんびりとキャンプ場で過ごすのもメリハリがついて楽しいひとときになること請け合いです。大阪のキャンプ場は温暖で温度がほかの地域と比較し温暖なので、3月下旬~11月下旬まで楽しむことができます。